仕事を休んで給与が減れば傷病手当金をもらえます

働いていればほとんどの人が入っている社会保険ですが、給与から毎月何万円も引かれています。社会保険、中でも健康保険の一番の保障力は「傷病手当金」にあるといっても過言ではありません。
傷病手当金とは、被保険者が病気やけがのため仕事を休み、給料が減ったりもらえなかった場合にこれを補い生活の安定を図るための手当金で、次の4つの条件がそろったときに支給されます。
1.病気・けがのため療養中(自宅療養を含む)であること
2.今までやっていた仕事につけないこと
3.4日以上仕事を休んだとき(3日続けて休んだ後の4日目から支給されます)
4.給料がもらえないこと(給料をもらっていても傷病手当金の額より少ないときは、その差額が支給されます)
このような立派な制度があるのに、実際に傷病手当金を請求しているのが少ないのです。この制度があまり認知されていないからなんでしょうね。

傷病手当金の支給される金額と支給期間

休業1日につき、標準報酬日額の2/3相当が、4日目から1年6カ月の範囲で支給されます。
傷病手当金が標準報酬日額の2/3なので残りの差額を会社で支払うというようなことをした場合、この差額分相当は給料とみなされ、傷病手当金の額は減額されます。
報酬日額とは賞与を含め月換算にした金額ですので、かなり額になると思います。また、病気や怪我が一旦治って再発した場合には、再度傷病手当金を受給できます。

傷病手当金の受給手続き

健康保険組合に「傷病手当金同付加金請求書 305」を提出してください。その際、以下のような添付書類も必要になります。
□ 第1回目の請求の場合…その期間にかかわる出勤簿および賃金台帳の写し
□ 任意継続被保険者(退職者含む)…老齢厚生年金等の受給証明書(通知書)の写し
□ 外傷の場合…「負傷届」の添付書類が必要です。

スポンサードリンク